部門・支部合同講演会 −九州支部第5回学術講演会・総会/第31回信頼性シンポジウム−
併設事業:「第6回中国・九州支部合同研究会」・「第153回衝撃部門委員会講演会(公開部門委員会)」
講演募集

開催日 平成30年12月15日(土),16日(日)
講演申込締切 平成30年9月14日(金) → 9月28日(金)※締切りました

主催

日本材料学会

協賛(予定)

土木学会,日本機械学会,日本金属学会,日本原子力学会,日本航空宇宙学会,日本高圧力技術協会,日本材料強度学会,日本鉄鋼協会,日本非破壊検査協会,日本船舶海洋工学会,日本マリンエンジニアリング学会,日本複合材料学会,日本溶接協会,溶接学会,日本建築学会,日本セラミックス協会,精密工学会,安全工学会,日本信頼性学会,地盤工学会,IEEE Reliability Society Japan Chapter,自動車技術会,日本塑性加工学会,日本コンクリート工学会,強化プラスチック協会,プラスチック成形加工学会,日本設計工学会,日本リスク研究学会
(順不同)

期日

平成30年12月15日(土),16日(日)
1日目:基調講演(第6回中国・九州支部合同研究会を含む),支部・部門別および合同セッション,衝撃部門委員会講演会(公開部門委員会)
2日目:支部・部門別および合同セッション,信頼性工学部門International Workshop

会場

熊本大学 黒髪南地区 工学部研究棟T
〒860-8555 熊本市中央区黒髪2丁目39番1号
https://www.kumamoto-u.ac.jp/campusjouhou

趣旨

九州支部では,平成26年度に鹿児島大学で支部として第1回目の学術講演会を開催しました.その際,支部間の連携を強化するために,講演会の併設行事として中国支部との合同研究会(「中国・九州支部合同研究会」と命名)が実施されました.また,平成27年9月に第2回中国・九州支部合同研究会が信頼性工学部門委員会の第140回定例委員会と合同で開催されました.その際,九州支部と信頼性工学部門との合同企画講演会を将来開催することが提案されました.その経緯と関連して,九州支部の学術講演会では,第1回から平成29年度開催の第4回の学術講演会まで,中国・九州支部合同研究会の講演が併設して実施されてきました.合同研究会の内容は材料信頼性に深く係わるものであり,会員相互の材料信頼性に関する研究交流を継続する動機にもなっています.このような背景から,平成30年度において九州支部と信頼性工学部門の合同講演会を企画しました.本合同講演会の行事を進めるにあたっては,中国支部および衝撃部門委員会も運営に参画しています.多数の皆様のご講演応募をお待ちしております.

優秀研究発表賞

九州支部,信頼性工学部門委員会のそれぞれの規定にしたがって個別に審査・表彰を行ないます.
(九州支部)優れた発表を行なった学生を対象に表彰を行います.審査の対象は日本材料学会学生会員の発表者です.
※申込時に日本材料学会学生会員の加入手続き中の学生にも適用します.
(信頼性工学部門)優れた発表を行なった若手の社会人および学生を対象に表彰します.社会人部門と学生部門に分けて審査予定です.受賞資格は以下のとおりです.
社会人部門:講演会当日に40歳未満であること
学生部門:学生は高専,短大,大学,大学院の学籍を有する学生会員と学生非会員の両方が対象となります.
なお,社会人の博士学生は社会人部門に入ります.
(合同セッション)優れた発表を行なった若手の社会人および学生を対象に表彰します.社会人部門と学生部門に分けて審査予定です.受賞資格は以下のとおりです.
社会人部門:講演会当日に40歳未満であること
学生部門:学生は高専,短大,大学,大学院の学籍を有する学生会員と学生非会員の両方が対象となります.
なお,社会人の博士学生は社会人部門に入ります.

講演募集分野

(合同セッション)材料と信頼性,疲労と信頼性,機械要素と信頼性,構造物と信頼性,衝撃と信頼性
(信頼性工学部門セッション)材料信頼性,構造信頼性,信頼性設計,最適化,リスク解析・管理,防災基盤技術,災害・事故解析,社会安全とセキュリティ設計,地震・応答解析,不規則振動解析,確率過程,データベース・データ解析,ビッグデータ,確率・統計解析,多変量解析,維持管理,モニタリング,品質管理,管理技術,実機・実製品の信頼性,シミュレーション,ヒューマンエラー,ヒューマンファクタ,自動運転,ドライブレコーダなど,信頼性工学に関わるすべての分野
(九州支部セッション)金属,セラミックス,コンクリート,高分子,複合材料,ナノ材料,生体・医療材料,半導体材料,岩石(地盤含む),木質材料などを対象とし,これらの強度,疲労,破壊,塑性,衝撃,高温特性,耐久性,信頼性,耐環境性,防食腐食など,材料学に関わるすべての分野

講演申込締切

平成30年9月14日(金) → 9月28日(金)※締切りました.お申し込みありがとうございました.

講演原稿締切

平成30年10月26日(金)

参加登録料*1

会員:5,000円,非会員:10,000円,学生会員:1,000円,学生非会員:3,000円(ただし,講演論文集を1冊含む).会員は協賛学協会員を含む.なお,衝撃部門委員会講演会(公開部門委員会)のみ参加の方は無料.

懇親会

12月15日(土),会費4000円,学生2000円

講演論文原稿

「原稿作成要領」(講演申込者に送付)をご参照の上,A4判随意用紙 2〜6枚(図,表,写真を含む)でご作成ください.原稿作成要領,プログラム等につきましては九州支部ホームページ(URL http://kyushu.jsms.jp),および信頼性工学部門委員会ホームページ(URL http://sinrai.jsms.jp)に掲示します.

会誌小特集号について

日本材料学会では平成32年3月に会誌「材料」での信頼性工学小特集号を予定しています.本合同講演会の信頼性工学部門セッションまたは合同セッションで発表された内容を基にしたオリジナル論文は,この特集号に投稿できます.原稿締切は平成31年8月の予定です.なお,都合により一般号に掲載される場合もありますので,予めご了承下さい.

問い合わせ先

    

日本材料学会 九州支部第5回学術講演会・総会/第31回信頼性シンポジウム係
〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町1-101
[FAX] 075-761-5325
[TEL] 075-761-5321
[MAIL] jimu@jsms.jp

(注)衝撃部門委員会講演会(公開部門委員会)のみ参加の方は,衝撃部門委員会庶務幹事の熊本大学パルスパワー科学研究所川合伸明宛(E-mail:nkawai@kumamoto-u.ac.jp),お問合せ下さい.

*1:会員は協賛学協会を含みます.
*2:参加申込の際にお届けいただいた個人情報は本合同講演会に関する諸連絡のみに使用させていただきます.