≪第54回日本学術会議材料工学連合≫
講演会講演募集

 
共  催 日本学術会議材料工学委員会,*土木学会,*日本化学会,*日本機械学会,*日本金属学会,*日本建築学会,*日本材料学会,安全工学会,化学工学会,紙パルプ技術協会,火薬学会,軽金属学会,高温学会,高分子学会,触媒学会,石油学会,セメント協会,繊維学会,炭素材料学会,電気化学会,電気学会,日本航空宇宙学会,日本材料強度学会,日本真空協会,日本接着学会,日本セラミックス協会,日本船舶海洋工学会,日本塑性加工学会,日本鋳造工学会,日本鉄鋼協会,日本熱処理技術協会,日本バイオマテリアル学会,日本非破壊検査協会,日本複合材料学会,日本分析化学会,日本木材学会,日本レオロジー学会,表面技術協会,粉体工学会,粉体粉末冶金協会,無機マテリアル学会,溶接学会(*印 幹事学会)
 
担当世話学会 日本材料学会
 
期  日 平成22年10月25日(月),26日(火),27日(水)

会  場 ハートピア京都(〒604-0874 京都市中京区竹屋町通烏丸東入る清水町375 TEL:075-222-1777)
      http://www.heartpiakyoto.jp
 
<一般講演>
 材料分野名:1.金属 2.セラミックス 3.高分子 4.コンクリート 5.木材 6.岩石 7.複合材料 8.その他(なるべく詳しく)
 内容分類:a.疲労 b.変形 c.破壊 d.環境 e.高温 f.計測  g.応力測定 h.組織 i.シミュレーション j.その他
 
<オーガナイズド・セッション>
1.マクロ/ミクロ変形におけるモデリングとシミュレーション
   オーガナイザー:今谷勝次(京大)、志澤一之(慶應大)、高木知弘(京工繊大)
2.高温構造材料の破壊挙動と強度評価
   オーガナイザー:屋口正次(電中研)、野中 勇(東北大)
3.破壊の発生・進展とその解析・評価・計測
   オーガナイザー:田邉裕貴(滋賀県大)、上野 明(立命館大)
4.衝撃問題の新たな展開(仮題)
   オーガナイザー:崎野清憲(法政大)、前 博行(本田技術研究所)
5.ナノ材料の創成と評価
   オーガナイザー:大塚浩二(京大)、岡本泰則(京工繊大)、小澤正邦(名工大)、塩野剛司(京工繊大)、宗林由樹(京大)、田中勝久(京大)、中平 敦(阪府大)
6.薄膜のナノ形態制御と応用
   オーガナイザー:鈴木基史(京大)、幅崎浩樹(北大)、井上泰志(千葉工大)
7.高分子材料の物性と構造
   オーガナイザー:浦山健治(京大)、徳満勝久(滋賀県大)、高野敦志(名大)
8.高分子多相化・複合化ならびに特殊構造高分子による高分子
材料の新展開
    オーガナイザー:塚原安久(京工繊大)、櫻井伸一(京工繊大)、中 建介(京工繊大)、竹中幹人(京大)、岡本 茂(名工大)
 
 基調講演:「ブロックポリマーテンプレート光学:ナノ材料の構造と機能」 東京工業大学  彌田智一
 
9.コンクリート構造物の点検・非破壊試験の現状と将来展望
   オーガナイザー:服部篤史(京大)、国枝 稔(名大)、金子佳生(京大)、横山裕(東工大)、佐藤裕一(京大)
10.金属ガラスのメタラジーとメカニクス
   オーガナイザー:渋谷陽二(阪大)、松原英一郎(京大)、永瀬丈嗣(阪大)
 基調講演:「金属ガラスの変形に関する研究の現状と実用化への展望」 東北大学  早乙女康典
 
講演内容はすでに発表されたものを一部含むことは差し支えありませんが,最近の研究が中心であることを望みます.
 
講演時間 原則1題15分(講演10分,討論5分)の予定,ただし講演申込件数,OSによっては変更されることがあります.
 
■申込締切期日講演申込は締め切りました。多数のお申込ありがとうございました。
■原稿提出期日  平成229月15日(水)厳守
 
 
申込先 〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町1-101 
      社団法人 日本材料学会 材料工学連合講演会係
       TEL: (075) 761-5321 Fax: (075) 761-5325
       E-mail: jimu@jsms.jp
 
講演論文集原稿について
「原稿作成要領」(講演申込者に送付)をご参照のうえ,A4判随意用紙2枚以内(図,表,写真を含む)に日本語または英語で作成してください.なお,原稿は,そのままA4サイズにオフセット印刷いたします.

 

論文投稿料について
講演発表登壇者は下記の論文投稿料が必要です.論文投稿料は当日お支払いください.
  一般 6,000円(論文集1部寄贈)
  学生 3,000円(論文集1部寄贈)
 
 ※請求書を希望される場合は,下記へご連絡下さい.
  日本材料学会 材料工学連合講演会係
  (TEL: (075) 761-5321 FAX: (075) 761-5325 E-mail: jimu@jsms.jp
 
注意事項
1)講演発表時にこちらで用意している使用機器はPCプロジェクターです.
2)同一講演者の発表は原則として1件に限らせて頂きます.
3)講演申込は,ホームページ,郵送,FAXのいずれかとし,重複送付はしないでください.
4)プログラム編成は実行委員会にご一任ください.
 
参加登録料 無料
講演論文集 一般5,000円 学生2,500円