第55回日本学術会議材料工学連合講演会講演募集




共  催 日本学術会議材料工学委員会,*土木学会,*日本化学会,*日本機械学会,*日本金属学会,*日本建築学会,*日本材料学会,安全工学会,化学工学会,紙パルプ技術協会,火薬学会,軽金属学会,高温学会,高分子学会,触媒学会,石油学会,セメント協会,繊維学会,炭素材料学会,電気化学会,電気学会,日本航空宇宙学会,日本材料強度学会,日本真空協会,日本接着学会,日本セラミックス協会,日本船舶海洋工学会,日本塑性加工学会,日本鋳造工学会,日本鉄鋼協会,日本熱処理技術協会,日本バイオマテリアル学会,日本非破壊検査協会,日本複合材料学会,日本分析化学会,日本木材学会,日本レオロジー学会,表面技術協会,粉体工学会,粉体粉末冶金協会,無機マテリアル学会,溶接学会(*印 幹事学会)

担当世話学会  日本材料学会

期    日    平成23年10月19日(水),20日(木),21日(金)

会    場    京都教育文化センター
            (〒606-8397 京都市左京区聖護院川原町4-13 TEL:075-771-4221)



<一般講演>

材料分野名
1.金属 2.セラミックス 3.高分子 4.コンクリート 5.木材 6.岩石 7.複合材料 8.その他(なるべく詳しく)

内 容 分 類
a.疲労 b.変形  c.破壊  d.環境  e.高温  f.計測  g.応力測定 h.組織 i.シミュレーション j.その他


<オーガナイズド・セッション>

1.マクロ/ミクロ変形におけるモデリングとシミュレーション
    オーガナイザー:岡 二三生(京大)、志澤一之(慶應大)、奥村 大(名大)
2.衝撃工学とその応用(仮題)
    オーガナイザー:崎野清憲(法政大)
3.構造・機能性材料としてのバルクナノメタル
    オーガナイザー:下川智嗣(金沢大)、尾方成信(阪大)
4.ナノ材料の創製と解析
    オーガナイザー:大塚浩二(京大)、田中勝久(京大)、小澤正邦(名工大)、中平 敦(阪府大)、塩野剛司
(京工繊大)
5.ナノ形態の制御と応用-U
    オーガナイザー:鈴木基史(京大)、幅崎浩樹(北大)、井上泰志(千葉工大)、澄川貴志(京大)
6.高分子材料の構造と物性
    オーガナイザー:井上正志(阪大)、吉岡真弥(阪市大)、徳満勝久(滋賀県大)
7.コンクリート構造物の点検・非破壊試験の現状と将来展望
    オーガナイザー:服部篤史(京大)、国枝 稔(名大)、内田慎哉(佐賀大)、金子佳生(京大)、横山 裕(東工大)、佐藤裕一(京大)
8.高分子多相化・複合化ならびに特殊構造高分子による高分子材料の新展開
    オーガナイザー:塚原安久(京工繊大)、櫻井伸一(京工繊大)、中 建介(京工繊大)、竹中幹人(京大)、岡本 茂(名工大)
    基調講演:「高分子多相材料・複合材料の表面・界面ナノ構造・物性制御」(仮題)  九州大学  高原 淳
9.高温用材料における破壊の予測と未然防止
    オーガナイザー:川島扶美子(熊本大)、村田純教(名大)
10.金属ガラスのメタラジーとメカニクス
    オーガナイザー:松原英一郎(京大)、渋谷陽二(阪大)、早乙女康典(東北大)
   
講演内容はすでに発表されたものを一部含むことは差し支えありませんが,最近の研究が中心であることを望みます

講 演 時 間   原則1題15分(講演10分,討論5分)の予定,ただし講演申込件数,OSによっては変更されることがあります.

申込締切期日  平成23年7月11日(月)厳守

原稿提出期日  平成23年9月12日(月)厳守


申 込 方 法
     講演申込は締め切りました。多数の申込をいただきありがとうございました。

講演論文集原稿
 「原稿作成要領」(講演申込者に送付)をご参照のうえ,A4 判随意用紙 2 枚以内(図,表,写真を含む)に日本語または英語で作成して下さい.また、日本材料学会ホームページ(http://www.jsms.jp)にも掲載しています。なお、原稿は、そのままA4サイズにオフセット印刷いたします.
 

 

論文投稿料について
講演発表登壇者は下記の論文投稿料が必要です。論文投稿料は当日お支払い下さい。
  一般 6,000円(論文集1部寄贈)
  学生 3,000円(論文集1部寄贈)

※請求書を希望される場合は、下記へご連絡下さい。

日本材料学会材料工学連合講演会係
(TEL 075-761-5321,FAX 075-761-5325,E-mail jimu@jsms.jp)

注 意 事 項
1)講演発表時にこちらで用意している使用機器はPCプロジェクターです.
2)同一講演者の発表は原則として1件に限らせて頂きます.
3)講演申込は、ホームページ,郵送,FAXのいずれかとし、重複送付はしないで下さい.
4)プログラム編成は実行委員会にご一任下さい.
 

参加登録料  無料

講演論文集  一般 5000円  学生 2500円