第61期 通常総会・学術講演会ならびに各種併設行事 開催ご案内


開催日 平成24年5月25日(金)〜27日(日)
会 場 岡山大学(50周年記念館,工学部,自然科学研究科棟)

 

本会第61期通常総会・学術講演会ならびに各種併設行事を下記のとおり開催します。
部門委員会等による併設行事として、25日(金)に公開部門委員会、26日(土)、27日(日)にフォーラム、オーガナイズドセッションが企画されていますので、多数ご参加頂きますようご案内申し上げます。

 
平成24年5月25日(金)
<公開部門委員会>

部門委員会

テーマ

疲労
疲労損傷評価に関する実験力学的アプローチ
高温強度
高温強度における現在の課題とその解決に向けて
破壊力学
ナノオーダの局所負荷による変形・破壊
分子動力学
ナノスケールモデリングの非線形理論からのアプローチ
 
 
平成24年5月26日(土)
<第61期通常総会>
 
 
平成24年5月26日(土)、27日(日)
<学術講演会>「講演募集」をご覧下さい。
<フォーラム>  

部門委員会

テーマ

信頼性工学
機械要素の安全設計と信頼性保証
極限環境
各種極限環境下での新物質の創製と物性評価
 
 
参加登録料参加者・登壇者(会員) 一般 10,000円 学生 1,000円
         登壇者(非会員)    一般 25,000円  学生 8,000円
         参加者(非会員)    一般 15,000円  学生 2,000円
学術講演会論文集:会 員(一般 7,000円 学生 3,500円)
         非会員(一般 10,000円 学生 5,000円)
 
○学術講演会論文集について
  第61期学術講演会論文集はUSBメモリにいれた電子データ(pdfファイル)の形態での配布といたします。
  学術講演会の参加登録費(一般)は論文集を含んだ価格となります。当日お渡しする論文集はUSBメモリとなりますので、講演会場にはPCをご持参下さいますようお願いいたします。

※なお,冊子体の講演論文集を必要とされる方は,「冊子体講演論文集希望」と題記し,氏名,連絡先,(講演者)・(参加者)・(講演論文集のみ注文)の別を明記のうえ,平成24年4月5日(木)までにE-mailにてjimu@jsms.jpへお申込み下さい.
折り返しメールにて「整理番号」を返信しますので,(講演者)・(参加者)の方は,当日「受付」で返信したメール文を打ち出したものをご提示下さい.USBメモリの代わりに冊子体の講演論文集をお渡しします。(講演論文集のみ注文)の方は,講演会終了後,発送します.

 

<参加登録料>

 

会員

非会員

会員

非会員

併設行事参加費のみ

参加者・登壇者

参加者

登壇者

     講演論文集(USBメモリ)含む

 

25日

(公開部門委員会)

1,500

(500円)

3,000

(1,000円)

 

 

10,000

(1,000円)

 

 

 

15,000

(2,000円)

 

 

 

 

25,000

(8,000円)

 

 

26日〜27日
(総会,学術講演会,
OS,フォーラム)

 

 

 
 
( )内は学生参加費:学術講演会論文集(USBメモリ)を含みません。
 
 
 

第61期 学術講演会講演募集

講演申込締切:平成24年2月17日(金)厳守

 

 標記学術講演会では、各種材料の開発、改質、特性・機能評価に関する学術講演の他に、産業界における各種製品の開発・製作・保守・管理・リサイクル等を対象とした学術講演を含め、材料学の基礎から応用まで、幅広く講演を募集しています。大学等の研究・教育機関で当該分野の研究に携わっておられる方々のみならず、産業界で製品開発・生産技術・機能保証等の分野でご活躍の皆様のご参加を歓迎します。なお、発表登壇者は本会会員に特に限りませんが、優秀講演発表賞に応募される場合は本会会員に限ります。
 

「日本材料学会優秀講演発表賞」について

 

「日本材料学会優秀講演発表賞」は学術講演会における特に優秀な講演発表に対して表彰を行うもので、表彰対象者は35歳未満(平成24年4月1日現在)の正会員・学生会員・賛助会員です。優秀講演発表賞への応募は講演申込時の事前登録が必要です。優秀講演発表賞規程および講演申込要領をご参照の上、奮ってご応募ください。(受賞は一人に対して原則1回とし、学生会員(講演申込み時)として受賞した場合は正会員または賛助会員として更に1回受賞することができます。)
また、本賞には企業講演者枠も設けています。企業所属の会員の方はこの機会に奮ってご応募下さい。
 
○一般講演
材料分野
1.金属 2.セラミックス 3.高分子 4.コンクリート 5.木材 6.岩石 7.複合材料 8.マイクロ・ナノ 
9.生体・医療材料 10.その他(詳しく)
産業分野
1.産業機械 2.造船・自動車・航空機等輸送機器 3.電気機器 4.化学プラント・機器 5.化学工業一般
6.エネルギー・発電プラント機器 7.医療・食品機器 8.建築・建設 9.その他(詳しく)
現象分類:a.疲労 b.変形 c.破壊 d.環境 e.高温 f.計測 g.応力測定 h.組織 i.開発・設計 j.生産技術
 k.機能保証 l.保守・管理 m.シミュレーション n.リサイクル o.その他(詳しく)
 
○オーガナイズドセッション  

 

部門委員会

テーマ


疲  労
疲労損傷観察ならびに強度評価

高温強度
高温材料の変形・破壊・損傷評価と実機への適用

X線材料強度
非破壊材料・強度評価と応用

木質材料
木材の利用促進に向けた技術開発

塑性工学
塑性挙動のモデリングとシミュレーション−ナノからマクロまで−

信頼性工学
材料・機械・構造物への信頼性工学の応用展開

破壊力学
破壊の発生・進展とその解析・評価・計測

セラミック材料・ナノ材料
ナノ材料の創成と評価

衝撃
衝撃負荷に対する材料・構造の応答
10
生体・医療材料
生体・医療材料
11
岩石力学
岩石力学とその応用
 
講演申込要領講演申し込みは締め切りました。多数のお申込みありがとうございました。
 
講演時間1題15分(講演10分、討論5分)の予定です。ただし講演申込件数により変更される場合があります。
       PCプロジェクターを用いてご講演下さい。(OHPは使用できません。)
 
原稿提出要領第61期学術講演会論文集はUSBメモリにいれた電子データの形態での配布といたします。 ホームページから原稿作成要領をダウンロードいただき要領にそってA42枚以内にご作成下さい。
 
・印刷原稿(A4:2枚以内)とそのデータをpdfファイルに変換のうえ保存したCDを下記あて提出下さい。
・必ず原稿とデータが同じものであることをご確認願います(文字化けなどないかどうか)
・CDに保存する際のファイル名は講演番号にしてください。
・送付いただく際、封筒にも講演番号を明記下さい。
・学術講演会プログラムは学会ホームページには3月21日頃に掲載します。 
・電子メールでは受付できませんのでご注意下さい。

原稿提出先

    〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町1-101  
    日本材料学会 学術講演会係
 
原稿提出期日:平成24年4月5日(木)

 
■講演会申込みの際にお届けいただいた個人情報は,諸連絡,行事案内等の日本材料学会の事業運営のみに使用させていただきます.

****************************************************************


日本材料学会優秀講演発表賞規程
平成16年2月20日決定
第1条 本会は日本材料学会優秀講演発表賞(英文名,JSMS Award for Best Presentation)を設け,本規程によって本会会員個人に授賞する.
第2条 本賞は総会・学術講演会における特に優秀な講演発表者に対して授与する.
第3条 本賞は賞状とし,副賞は設けない.受賞者の発表は学会誌および本会ホームページにて行う.
第4条 受賞対象者は満35歳未満(当該年度4月1日現在)の会員で,受賞は1人に対して原則1回とし,学生会員(講演申込み時)として受賞した場合は,正会員または賛助会員としてさらに1回受賞できることとする.
第5条 優秀講演発表賞選考委員会は,受賞者の発表を迅速にするため企画事業委員会に置く.選考委員長は企画事業委員長とし,オーガナイズドセッションの代表者および企画事業委員若干名をもって構成する。本選考委員会は選考結果を直近の理事会に報告する.